© 2019 by Morihiro Wada Archive.

  • video digests
  • contact us

NEWS

 

和田守弘ドローイング展|KISEKI_軌跡
Morihiro Wada "KISEKI"
 

2019年10月1日(火)-10月13日(日)
12:00-20:00 日曜日18:00まで 月曜日休廊
会場: gallery fu
〒231-0868 横浜市中区石川町1-31-9
https://galleryfu.com/
https://www.facebook.com/gallery.fu/


和田守弘の1980年代から1990年代にかけてのドローイングに加え、思考のためのメモ、その思想の源泉となった書籍を展示。

 

201910fu1.jpg
201910fu3.jpg
201910fu4.jpg
201910fu2.jpg

展示会場の様子(上2点)。ギャラリー横のカフェでは、和田氏の蔵書の一部ほか、創作ノートの写しなど資料が展示されました。

 

日本美術サウンドアーカイヴ──
和田守弘《認識に於ける方法序説 No.Ⅰ SELF・MUSICAL》 1973年

2018年4月8日〜14日 Art & Space ここから
 

 

展示作品
和田守弘《認識に於ける方法序説 No.Ⅰ SELF・MUSICAL》1973/2018年
和田守弘《Work’96》1996年

 

テキスト|和田守弘/金子智太郎
トーク|畠中実/金子智太郎
録音|大城真
写真撮影|藤島亮
リーフレットデザイン|川村格夫

 

リーフレット
「和田守弘《認識に於ける方法序説 No.l SELF・MUSICAL》書き起こし」1973/2018年
金子智太郎「名もなき声──和田守弘《認識に於ける方法序説 No.l SELF・MUSICAL》」2018年


写真:和田守弘《認識に於ける方法序説№Ⅰ SELF・MUSICAL》(1973年)再制作
Art&Space ここから    東京  2018年
テープレコーダー5台  スピーカー3台  写真4枚

 

 

展示風景:「ビデオコミュニケーション DO IT YOURSELF Kit」ソニービル、東京、1972年 写真:マイケル・ゴールドバーグ

MAMリサーチ004:
ビデオひろば――1970年代の実験的映像グループ再考


1972年に結成された日本の実験的映像グループ「ビデオひろば」を振り返る展覧会にて和田守弘の作品が紹介されました。

会期: 2016年7月30日(土)-2017年1月9日(月・祝)
主催: 森美術館
企画: 近藤健一(森美術館キュレーター)
協力: 中谷芙二子、阪本裕文(稚内北星学園大学准教授)
会場: 森美術館

 

Morihiro Wada 和田守弘 作品集

2009年に神奈川県民ホールギャラリーで開催された「和田守弘展ー走り去った美術家の航跡1967-2006」に合わせて刊行されたカタログ。

価格:2500円
発行:和田弥生、157頁、カラー、


購入希望の方は、こちらより氏名・送付先住所をご連絡ください。送料+価格をお振込み後、送付させていただきます。

目次:

「和田守弘/メディアの使徒の疾走―あるいは物質、行為、映像のはざまでー」谷新

図版

「モウビ・ディックの白い巨体」中井恒夫

「俯瞰する眼差し」海老塚耕一

「和田守弘の世界」山本秀夫

「…こんな、ひと」出光真子

「和田さんの思い出」藤嶋俊

年譜・文献

 

ヴァイタル・シグナル

日本の初期ビデオアート
Vital Signals: Early Japanese Video Art

2009年から欧米と国内を同時巡回上映した同名の「Vital Signals (ヴァイタル・シグナル)」(日米初期ビデオアート -芸術とテクノロジーの可能性ー)のプログラムから、日本の初期ビデオ・アートにフォーカスしたカタログとDVD。和田守弘《認知構造・表述》(1975)収録。

発行:Electronic Arts Intermix 発行日:2010年5月6日

購入はElectronic Arts Intermix もしくはam K.Y.から。

VitalSignals_DVD-rep_1_xl.jpg
 
kikaideBD.jpg

キカイデミルコト 
日本のビデオアートの先駆者たち

Kikai de Mirukoto =Eye Machine/To See by Chance -the Pioneers of Japanese Videoarts-(2013)

ヴィデオアート黎明期のアーティストの証言と作品紹介で綴るドキュメンタリー。和田守弘のインタビュー収録。

監督:瀧健太郎 企画・制作 ビデオアートセンター東京
本編82分、特典映像75分、制作者によるコメンタリー、本編、英語・フランス語・ドイツ語・中国語・韓国語字幕入り(リージョンフリー/region ALL) 価格:3990円(税込)

発行:REF
発売元:現代企画室
ISBN978-4-7738-8034-2

購入はお近くの書店、またはVCTokyoAmazonでお求め下さい。

 

走り去った美術家の航跡1967-2006
和田守弘展


会期: 2009年01月13日(火)~2009年01月25日(日)
神奈川県民ギャラリー(第2~第5展示室)
主催:和田守弘展実行委員会

2009retrospective-flyer.jpg
 

走り去った美術家の航跡1967-2006 和田守弘展

神奈川県民ギャラリーで行われた上記回顧展の設営風景。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now